スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

RIBBONMANIA2015 2015年12月31日 その1

2016.01.10
あけましておめでとうございます。
ご無沙汰の更新になってしまいました。
仕事柄、余暇というものがなくなってしまって
4コマや観戦記がほとんど書けない昨年中でしたが
今年はもう少し工夫していろいろ描けたらと思います。
(机の周りを片付けていたら4コマの下書きが出て来たけど
 もうネタ的に古くなってしまってました)

DSC02441.jpg

オープニングアクト ベストフレンズ「フレンズ」

CD買いました!
何より藤本つかさ選手と中島安里沙選手が
とても楽しそうに歌っているのが華やかで気持ちいいです。
せっかくCDまで出たので長くこの曲が聞きたいと思っています。

DSC02446.jpg


第1試合 長崎まる子選手&松本浩代選手(エスオベーション)&真琴選手(REINA)
         vs 長浜浩江選手(WAVE)&チェリー選手(DDT)&飯田美花選手(WAVE)

アイスリボンの新人としては
長崎まる子選手だけだったのが少し気になるところですが、
オープニングの騎馬戦の意地の張り合いに始まって
賑やかでかつ華のある第一試合でした。
まる子選手の長浜選手にこだわる姿勢は好きです。

DSC02491.jpg

第2試合 Sareee選手(ディアナ) vs 優華選手

似たところも多い二人ですが、
いざぶつかったらSareee選手の貫録勝ちでしたね。
早くデビューして積み重ねた練習の差が如実に出た気がします。
後楽園の広さでエルボーでどよめきが沸いたときに
これはまだ差が大きいなぁと感じさせられました。
優華選手、がんばれーっ!

第3試合 松本都選手(崖のふち)&葛西純選手(FREEDOMS)
vs アントーニオ本多選手(DDT)&宮城もち選手vsGENTARO選手(FREEDOMS)&火野裕士(フリー)

松本都選手が火種になっておこるカオス劇場w
あっちでもこっちでも巻き起こる事故の嵐w
始終怪訝な顔をしている火野裕士選手が印象的でした。
というか、GENTARO選手&火野選手組なんて、こんなカードでやるもんじゃないw
アントーニオ本多選手の頭の良さを感じさせる場面もありました。
試合後は誰が勝っても負けても場内全体が
「なんか・・・・つかれた・・・。」という感じになっていたのが良かったですw
この試合で新コスチュームになった宮城もち選手は
すでにこの段階でICE×∞への挑戦を視野にいれてたんだなぁ。
新コス、とても良いです♪
記事URL | 試合観戦 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【20:00】

第100試合「みんなのお姉ちゃん」

2015.09.19
a102.jpg


M.I.O紫雷美央引退興行のチケットを取りました。
フリー時代に
アイスリボンに関わるときは外敵だったので
魅かれる選手ながら応援できなかったので
所属になったときは心底嬉しかったです。
ざっくばらんで気持ちよく、
それでいて常に考えていて結果を出す回転の早さ、
女子プロレスという場所で
オンリーワンの本当の意味を体言していたように思います。
チケットはまだ残ってるかわからないけど、
4団体がひとりを送り出す様子を多くの人に見守ってほしいです。
記事URL | 4コマ漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【00:45】

第99試合「希月あおい選手初防衛戦!」

2015.07.27
a101.jpg




アイスリボン後楽園ホール大会
『サマージャンボリボン』
2015年7月29日(水)18時30分開始/18時00分開場

<決定対戦カード>

◆第1試合 イリミネーション6人タッグマッチ 20分勝負
松本浩代(エスオベーション)&235&弓李 vs 藤田あかね&飯田美花(WAVE)&長浜浩江(WAVE)
※OTRルール採用

◆第2試合 タッグマッチ20分1本勝負
世羅りさ&宮本裕向(666) vs 松本都(崖のふち)&怨霊(666)

◆第3試合 シングルマッチ30分1本勝負
つくし vs 尾崎魔弓 with 西尾美香&ポリス

◆第4試合 藤本つかさ32人掛け(1分×32人)
藤本つかさ
vs

[?人目]Leon
[?人目]尾崎魔弓
[?人目]松本浩代
[?人目]宮本裕向
[?人目]怨霊
[?人目]Pantera☆Rosa
[?人目]春山香代子
[?人目]安藤あいか
[?人目]華名
[?人目]大畠美咲
[?人目]はやて
[?人目]塚本拓海
[?人目]フェアリー日本橋
[?人目]アイス所属選手
[?人目]真琴
[?人目]アジャ・コング
[31人目]中島安里紗
[32人目]豊田真奈美
※その他の参戦選手も豊田が選ぶ

◆第5試合
インターナショナルリボンタッグ王座次期挑戦者決定戦
新田猫子&Leon(JWP) vs 宮城もち&大畠美咲(WAVE・大女)
※勝者は紫雷美央&つくしが持つリボンタッグ王座への挑戦権が与えられる。

◆第6試合
ICE×∞&ユニオンプロレス認定Fly to Everywhereワールドチャンピオン選手権試合 30分1本勝負
[ICE×∞王者]希月あおい vs 紫雷美央[FTE王者]
※第20代ICEx∞王者初防衛戦&第7代FTE王者初防衛戦


▼会場
後楽園ホール

▼チケット料金
最前列8000円
特別リングサイド席6000円
リングサイド席5000円
指定席A4000円
指定席B3000円
※当日は1000円UP

▼チケット取り扱い
アイスリボン選手参戦大会売店
・チケットぴあ(Pコード:829-223)
・後楽園ホール
リボン直販
記事URL | 4コマ漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【00:00】

第98試合「世羅りさの孤独」

2015.05.18
a100.jpg

成宮真希選手(REINA)はこれまで
挫折を繰り返しながらも、強さを求める時に
次のステージへ移って行った選手です。
その過程の中で
宙ぶらりんで放り出されたのが世羅選手なのでしょう。
どこかのんびりして消極的だったのが
ここまでドロドロした感情を噴出する姿を見せたことは
プロレスラーとして注視させられます。
しかし「打倒成宮」=「蛍光灯デスマッチ戦」を
第三者に納得させる力は持っていない状況です。

個人的には
現状でアイスリボン後楽園大会でのデスマッチ戦には反対です。

理由はまずひとつ、
蛍光灯デスマッチはその名前通り
死と隣り合わせの一歩間違えば大事故もありうる試合形式です。
危険はリング上にとどまらず、セコンドや観客にも及びます。
それらに会場で見かけるアイスリボン選手とスタッフで
十分に対処できるか不安が残るし怪我をしてほしくありません。

もうひとつが横浜ラジアントホールでの
6人タッグマッチ・ハードコア戦の試合内容です。
流血しヤンキー二丁拳銃のイス攻撃を受けた
世羅選手は戦い抜く覚悟はあったと思います。
「ハードコア戦に挑戦した」という意味ではすばらしい内容でした。
一方で成宮選手が大阪ほどパッとせず
あまり凶器攻撃を受ける場面が見られなかったのは
CMLL-REINAのタイトルマッチに備えてるのかなと思うと同時に
世羅選手に「自分が怪我するを覚悟」はあっても
「相手を怪我をさせる覚悟」はまだ弱いのかなと思ってしまいました。
そしてヤンキー二丁拳銃と平成極道コンビは
一流のデスマッチファイターです。
もしこの二組で純粋にタッグのハードコア戦をやっていたら
今回よりも素晴らしい戦いになったことが想像できてしまいました。
世羅選手、成宮選手が入ることで
より素晴らしい試合になれば観たいのですが
一段クオリティーが落ちる試合をまた観ることになるのなら
ハードコアでもデスマッチでも再度観たいとはあまり思いません。
(そう感じた理由は木高イサミ選手の言う準備不足に起因すると思います)

世羅選手の内なる戦いや挫折に対して
今は他にも向き合い方や戦い方があるのではと思います。
そして負けてしまった横浜の6人タッグマッチ・ハードコア戦でこそ
世羅選手が勝たなければ
自身の納得のいく答えの出せない場だったのではないのかと思います。
一度つかめなかったチャンスは我侭だけでは掴むことは難しいでしょう。
世羅選手に頑張ってほしいので、このあとの経緯を注視します。

佐藤社長のツイートを拝見する限りでは
社長は選手の気持ちとデスマッチを行う難しさとその可能性と
冷静に見極めて考えているようですので
どんなカードが出るにしても、あまり心配をしていません。


ところで強さを求めた成宮選手が
5/17のスヘイ選手(CMLL)とのリマッチで
CMLL-REINAの王者に返り咲きました。
おめでとうございます!
そして.STAP時代の時よりも
強さと今の自力だけでは何か足りないものがある、
その壁を壊すのは難しいかもしれません。
記事URL | 4コマ漫画 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【18:00】
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。