スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

覆面MANIA28 2014年12月30日 とメッセンジャー

2015.01.01
前日の29日の崖のふちプロレスで
内藤メアリ選手のアイスリボン各選手宛の手紙を
松本都選手が「崖のふちくじ」として
お客さんに拡散!
そのうちの1通が偶然に自分の手に・・・!

IMG_0096.jpg

無事に成宮真希選手宛の
メッセンジャー役全うしましたー。
いったい何が書かれていたんでしょうか。
それぞれの選手への手紙は無事に届いたかな?

DSC07131.jpg

覆面MANIAは出場選手が
皆マスクマンになるちょっと珍しい大会。
男子女子新人ベテランと多彩な試合が見所です。
今回の成宮選手のカードは
成宮真希選手&真琴選手(REINA)&朱里選手(REINA)
vsアレックス・リー選手(フリー)&ゴジャ・コング選手(CMLL)&ムニェカ・デ・プラタ選手(CMLL)
メキシコ遠征の成果が光る試合でした。
マスク姿の各選手もまた新鮮でカッコイイですね!

次回大会は3/8の新宿FACEだそう。
成宮選手だけでなく
アイスリボンの選手が出てくれたらいいなっ。

崖のふちプロレス14 2014年12月29日

2014.12.30
仕事や作品制作の追われているうちに
更新もアイスリボン関係の観戦も久々になってしまいました。

image1.jpg


崖のふちプロレスはいつの間にやら14戦、
大晦日での引退を控えた内藤メアリ選手との対戦。
自分の1コ上の内藤選手はちょっと思い入れがありまして。

DSC06859.jpg


サプライズゲスト参戦で現れたのが
内藤選手のプロレスサークル時代に教えていた
ミスター雁之助選手(ガッツワールド)と
名古屋で対戦したマンモス半田選手(スポルティーバ)の二人!
雁之助選手を蕨で見られたのはラッキーでした。
そして内藤選手の袈裟切りチョップで真っ赤なみみず腫れに!
教えられて研鑽を重ねた袈裟切りチョップは恩返しになったのでしょう。

DSC06931.jpg

メインは朝の天気予報の結果(雨)で決まった
TDL(テーブル・デスソース・ラダー)マッチ。
内藤選手の奇襲から始まった戦いは場外乱闘へ、
イス攻撃で内藤選手が出血!
冗談のような試合のイメージがある崖のふちプロレスなれど
デスマッチをやるときはやるのです。
都っちにデスソースを口に流し込まれて内藤選手が悶えていて
自分も一度食べたことがあるので、あの悶絶は洒落になりません。
ラダーからの都っちのマンマミーヤZはテーブル破壊にならず
勢いまって都っちも顔面を強打。
2発目に都っちがラダーへ登るところを内藤選手が毒霧で妨害して
自分がラダーからのテーブル破壊を試みるも自爆、
みやここクラッチでの決着になりました。

DSC06943.jpg

2試合終えて流血だし
デスソースでのどがやられているだろうに
内藤選手は「I!m proud」「あゝ無情」を熱唱、
続けてアンコールの「学園天国」まで歌いきりました。
さっきまでけっこうなデスマッチ見てたのに
歌でのこの一体感はなんだってんだ?w

内藤メアリ選手は運動能力的な才能に恵まれているわけでなく
デビューも36歳と数年前の女子プロレスの基準なら
プロにはなれなかっただろうというプロレスラーです。
それでも自分が勝つためにどうしたらいいか
お客さんを自分のプロレスで楽しませるにはどうしたらいいか、
考えに考え抜いて不器用ながら試行錯誤して
リング上で存在感を生み出したプロレスラーです。
自分も立派なおっさんですが、
挑戦する勇気と知恵を体言され、刺激を受けました。
だからこそ内藤選手の背中はカッコイイのです。

歌唱後、内藤選手が
アイスリボン各選手への手紙を書いたので読みたいと言ったところ
都っちが時間がないからとダーツで指定、
残りの選手への手紙はくじでお客さんにあげるというとんでもない暴挙にw
そんなおっそろしい企画、乗らない手はないと
自分が引いたくじの手紙のあて先は
大晦日の引退試合の対戦相手、成宮真希選手!
とんでもないものを引き当ててしまいました。

image2.jpg

あうっ。4コマ描いてくださいと言われてしまったw

話を戻して、成宮真希選手は
翌日の12/30に新木場での覆面MANIAに出場します。
直江の手にはその大会のチケットがあります。
結果として、直江は手紙を届けるメッセンジャー役になりました。
引退試合前のなかなかの重要な役割を
思いがけずやることになって
緊張しつつも明日と大晦日リボンが俄然楽しみになっています。

に、してもあんなあっぶない試合やって
なんかほっこりして会場が一体感に包まれて終わる
崖のふちプロレスって、やっぱ変な場所だと思うなぁ。
すげぇや。




アイスリボン #568

2014.06.19
IMAG0769.jpg


ひさしぶりのオフ日に
ひさしぶりに道場マッチを観戦してきました。
5月の入場者数平均100人超えの反動か
平日夜になぜか興行戦争といったこともあってか
あまり入場者数は振るわなかったのですが、
中身濃かったですよー。

大会前に
あきば栞選手が練習中の脳震盪から頭痛が続くとのことで
検査のためにしばらくの間欠場が発表されました。
治すのもまた仕事、
体をじっくりと労わって万全での復帰をお願いします。

第1試合 星ハム子選手&内藤メアリ選手
  vsくるみ選手&神田愛実選手(世界プロレス協会)
内藤選手が試合中に大福を食べて
相手を挑発する内藤ワールドに引きずり込むというw
くるみ選手が口に放り込まれた大福を
技をかけながらパクパク食べるとかおもしろすぎるわ
まさに「スタッフがおいしくいただきました」状態w

第2試合 ラビット美兎選手(JWP)vs藤田あかね選手。
手術で1年の欠場から復帰したあかね選手、
体躯の差で美兎選手を追い込めると考えたのでしょうが、
美兎選手の当たりの強さに押し負けてのくやし涙。
そう、そういう感情の動きはプロレスの醍醐味よね!
あかね選手は期待してるので悔しさをバネにしてほしいです。

第3試合 藤本つかさ選手vs新田猫子選手
10分という限られた中での攻防は見ごたえがありました。
膝を執拗に狙い、様々な丸め込みを見せる猫子選手、
試合にあたって相当シミュレーションしてるのがわかります。
藤本選手も堂々の王者っぷり。
団体の単独トップになって
顔つきや雰囲気が変わった気がします。

第4試合 世羅りさ選手&松本都選手(崖のふち)
           vs紫雷美央選手&優華選手。
なんかガチャガチャした試合でしたが
厳しい攻めでも折れない優華選手や
息が合ってないのに連携を決める世羅選手&都選手と
可能性をビンビンに感じるカードでした。
しかし試合を決めたのは自分のペースを乱さず
着実なフォール技を持つ美央選手だったのはさすがです。
タッグのベルトを狙う美央&優華組は面白くなりそうですよ!

IMAG0771.jpg

本日の戦利品。
ついに覆面MANIA以外にマスク持ち出したおじさんでした。


記事URL | 試合観戦 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【01:15】

アイスリボンマーチ 2014年3月30日

2014.04.09
3月30日のアイスリボン後楽園大会は
すべての試合のテーマがくっきりしていて
メリハリのある良い大会でした。

DSC04674.jpg

第1試合は高校生からプロレスをしていて
アイスリボンで一番キャリアの長い希月あおい選手と
この春に高校生になった弓李選手の対戦。
体格に不利の弓李選手は対戦の少ない相手に
気後れをした印象です。
あおいちゃんは
長くアイスのファンをしてる人にはおなじみですが
膝の不調から試合機会が少ないので
新しいファンには乗り切れてないかも?
新しい青春緑に期待したけどそれはないかなー?

DSC04681.jpg

第2試合は期待の新人同士の
優華選手vsあきば栞選手。
あきば選手のデビュー戦です。
優華選手は期待させるほどよく動くのですが
あきば選手も負けずよく動く!
しかも腹筋バッキバキ!
うわ、この写真じゃわかりづらい!
アイスの新戦力、楽しみです。

DSC04690.jpg

第3試合は山口ルツコ選手の長期欠場前ラストマッチ。
紫雷美央選手&山口ルツコ選手&235選手
vs救世忍者乱丸選手(フリー)&松本都選手崖のふち)&内藤メアリ選手
乱丸さんワールドへがっつり乗るるったん!
ミュージカル女優力の相性が抜群でした。
膝の手術で復帰がいつになるかわかりませんが
しっかり治して、ますますいろんな世界を見せてほしい選手です。

第4試合 星ハム子選手vs宮城もち選手
宮城もち選手の復帰戦です。
もち選手、待ってましたーっ!
ハム子選手と共に会場を明るくさせるファイト、
欠場前となんら変わらない動きが嬉しかったです。
ふたりのらぶりーぶっちゃーずが
タッグ戦線をかき回してくれることに期待です。

DSC04757.jpg


第5試合はトライアングルリボン選手権試合。
王者・チェリー選手(ユニオン)vs挑戦者・渋谷シュウ選手(WAVE)
 vs推薦者・新田猫子選手。
ずっとトライアングルのベルトにこだわっていた猫子選手ですが
春夜恋とタイムマシンの応酬でベルトは殺し屋・渋谷シュウ選手の手に。
めんどくさいとこにあったベルトが
まためんどくさい場所へ行ってしまいました。
ニャ・マヒストラルも良い技だと思うのですが
磨き上げられた丸め込み技ってのはやっぱ強いですね。

DSC04866.jpg


第6試合は志田光選手のアイスリボンラストマッチ、
藤本つかさ選手vs志田光選手。
アイスを引っ張ってきた二人が
この試合を最後に袂を別つ。
試合を見届ける観客にも緊張感が張り詰めた試合でした。
アイスに残るつっかが勝って、ホントに良かった。
そして志田選手のこれからの活躍をこっそり応援しています。

メインの第7試合はタッグ王者決定戦。
藤本&志田が返上したベルトを
This is ICERIBBONタッグ つくし選手&くるみ選手
VS .STAP 成宮真希選手&世羅りさ選手 で争いました。
両者ともこれからアイスリボンを背負う、
背負えるのか?背負わなきゃいけないだろ!というタッグ。
どちらも成長過程のタッグ。
タッグとしての相性はつくくるの方が上ですが
分断させて力で追い込む形で
.STAPがアイスリボン王者になりました。
おめでとうございますー!
思えばタッグとはいえ
一昨年の大晦日でシングル王者になったのに
返上するしかなかった成宮選手と
一昨年の年末にデビューをした世羅選手が
年度末の節目の大会で初戴冠したのはメッセージめいたものを感じます。
ゼロから始まるタッグ戦線の第一歩、
急造のタッグが割り込む余地のない
濃い戦いが続いてくれることを期待します。

DSC04968.jpg


アイスリボンMANIA 2013年12月31日

2014.01.11
あけましておめでとうございます。
大晦日からわずか10日余りなのに
書きたいことが山盛りなのがアイスリボンのスピードなのですが
すっかり更新が遅くなっててすみません。

すでに随分前の感覚なのですが大晦日大会あれこれ。

第1試合は
希月あおい選手&235選手
 vs 内藤メアリ選手&小林香萌選手。
あおいちゃんの復帰戦ですが
気負いは見られず、
それとは別のなんかノリきれない感じを試合全体から感じました。
メアリさんも後のニコ生で出し切れてなかったと言っていたけど
すぐにへたっていたので体調が悪かったのかしら。

DSC03624.jpg

第2試合は弓李選手vs優華選手
中学3年生対決であり、優華選手のデビュー戦。
先輩の弓李選手にとって
デビュー戦で良い動きを見せる優華選手は脅威になるかも。
受験のためしばらく欠場する弓李選手ですが
戻ってきてからのアイスリボンTEENS勢が楽しみです。

DSC03625.jpg


第3試合は
葛西純選手&松本都選手vs星ハム子選手&Kouzy選手
 vs木高イサミ選手&宮本裕向選手
レフェリーがなんとなく危険とみなした物以外の凶器アリで
会場のどこでフォールしても認められるルールw
試合のしょっぱなからリング下、観客席での大乱闘w
この試合で大会全体へ着火がすごかったw
葛西さん&都っちの385都猿気違'sと
イサミ選手&裕向選手のヤンキー二丁拳銃の後楽園での映え方はすごい。
遅れをとっていた印象のあるハム子さんでしたが
Kouzy選手との熱いキス→会場に流れる「うわさのキッス」
→ハム子無双の流れはおもしろすぎww
アリーナで観戦していて、場外乱闘で「よけて!」と言われたのですが
後ろからみやこっちがボールを投げてて
動けなくなってしまった自分カッコ悪かったなぁ。

DSC03646.jpg

第4試合は(王者)新田猫子選手 vsチェリー選手(挑戦者)
  vsコマンド・ボリショイ選手(挑戦者)の
トライアングルリボンタイトルマッチ。
猫子さんのニューコスチュームカッコいい!
おチェリーさんのピンクにボリショイさんの水色で
プリキュアみたいな鮮やかなリング上でした。
おチェリーさんにベルトを取られてしまったけど
春夜恋が入った瞬間に会場をつつんだ「やられた!」感は
技の説得力が申し分ない証です。
一番めんどくさい場所に行ってしまったトライアングルのベルト、
2014年の戦線がとても楽しみになりました。

第5試合は志田選手vs花月選手のシングルマッチ。
アイスリボンvs仙女の戦いは因縁が鎖のようにつながりますが
志田さんの絶対勝ちを取る姿勢は一味ちがいました。
竹刀や魔女の一撃はエグ度があるので諸手を上げて喜べないけど
場所と使い方がもっとうまく出来たら
むしろなければ寂しいくらいのものまで昇華できそうです。
それはやはりアイスリボンの中では難しいことなのかも知れないですね。

DSC03676.jpg


第6試合、大畠美咲選手&紫雷美央選手
  vs世羅りさ選手&山口ルツコ選手
デビュー1年目のふたりがボッコボコ(><)
WAVEの一角を担うヒールタッグが相手なのでそりゃあね。
それでも驚かされる連携を見せてくれて、
これからがまだまだ楽しみなタッグです。

DSC03703.jpg

第7試合は
つくし選手&豊田真奈美選手 vs くるみ選手&井上京子選手。
京子さんの参戦は興味アリアリでしたし、
豊田さんと組み合った時に場内にどよめきがありましたが
両者ともアイスのキッズレスラーを立ててくれた感じでした。
試合後に京子さんがつくしさんへ「シングルでやろう」と
アピールしてくれたことと
それに噛み付いたつくしさんにニヤリと笑ってしまいました。
京子さんはまた参戦してほしいですし、
くるみさんとのタッグは続けて見たいタッグです。

DSC03733.jpg

第8試合はICE×∞選手権、
(王者)藤本つかさ選手vs成宮真希選手(挑戦者)
大会直前にブログで明かされた
成宮選手の長期欠場の脊髄の細かい傷は
コーナー上段からのダイビングギロチンドロップだったという事実。
ブル中野さんから伝授された必殺技が体を蝕んでいた。
その上でベルトのために使うのか、使わないのか。
選手生命やその後の人生を賭けられたら泣くしかないですよ。
個人的には女子プロレスをやめる時に
後悔をしたり取り返しのつかない体でいてほしくはなく、
使わずに新しい成宮さんを見せてほしかったので
つっかが絶対王者の座を守ったことがうれしかったです。
それでも封印前の最後のダイビングギロチンは
美しさと迫力とすばらしいものでした。
新しい成宮さんでもベルトを狙える片鱗は十分見れたので
つっかの防衛戦線はまだまだ面白くなるぞ、と期待しています。

と、気がつけばNキューブの3人が黒星で2013年を締めることに。
Nキューブも推しなのでがんばってほしいですー!
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。