スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

RIBBONMANIA2015 2015年12月31日 その3

2016.01.12
DSC02839.jpg

第7試合 王者・藤本つかさ選手&中島安里紗選手(JWP)
         vs挑戦者・ 大畠美咲選手(WAVE)&水波綾選手(WAVE)

ベストフレンズvsAvidRivalのタッグ王座戦。
どっちが勝ってもおかしくない試合でした。
どこで決着がついてもおかしくない戦いでした。
ただ、ベストフレンズの連携の流れの美しさは
タッグ歴を感じさせないほどの完成度の高さで
必殺技から必殺技へのコンボはコスチュームに負けない華がありました。
現在、アイスリボンとJWP二冠のベルトを3本×2持っているベストフレンズ。
中島選手のOZアカデミーでの正危軍入りでOZのベルト挑戦が現実味を帯びてきました。
AvidRivalに勝ったことでWAVEのタッグベルトに一歩近づきました。
ベストフレンズの総なめの可能性にワクワクします。

DSC02885.jpg

第8試合 王者・希月あおい選手 vs挑戦者・ 星ハム子選手。

ICE×∞のシングル王座戦。
試合前まで良くも悪くもどっちが勝ってもいい試合だと思っていました。
数少ない挑戦のチャンスをもぎ取った星ハム子選手、
初戴冠の熱狂以降、王者としての形の見えなかった希月あおい選手。
どちらがベルトを持っても2016年のアイスリボンの形が想像できなかったのです。
結果は必殺技を出し切ってなお執念でハム子選手がベルトを初戴冠しました。
むしろボディプレスの自爆からの「ポーン」で窮地で自分のスタイルを貫いた
ハム子の腰にベルトが移動したのは必然だったかもしれません。
逆にこの試合でハピネススプラッシュを出せなかったあおい選手、
完全なハピネススプラッシュが初戴冠の時のみというのは実に残念でした。

星ハム子選手の腰に巻かれたICE×∞ベルト。
1/9の横浜で宮城もち選手から防衛して
強く楽しく、誠実なプロレスの象徴としてのベルト、
それもまたアイスリボンらしくていいじゃないの、と思います。
その分、マッチメイクに苦労しそうな感じもしますが
だからこそ横浜文体のメインでの星ハム子選手を期待します。
星ハム子選手、初戴冠おめでとうございます!!

そして希月あおい選手が1/9をもって退団しました。
この日の負けが決断させたのではないかと思いますが、
決してマイナスの退団ではなく、可能性を求めての飛躍の退団とのこと。
自分なりに「こういうことかな?」という想像はあるのですが
それを書くのはしばらく先になりそうです。

ところで、この日の入場者数が1097人の千人越え!
おめでとうございます!
大晦日で盛沢山のカードで一丸となって挑んだ結果だと思います。
3月の後楽園は全員競泳水着での試合ですって?
昭和の女子プロレスを疑似体験できそうな点が少し楽しみです。
スポンサーサイト
記事URL | 試合観戦 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【20:28】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。