スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

HERO:7 2013年2月16日

2013.02.17
聾者が参戦する「HERO ~Def Japan Pro-Wrestling~」を
初観戦してきました。

DSC01116.jpg


Aicaさんのオープニングソング、
聾者のいるダンスチームによるダンスで勢いをつけての
第一試合はいきなり星誕期vsマサ高梨!
お客さんにもろうあ者が多いということで
高梨さんは手をひらひらさせる
拍手の手話で会場を煽る。
誕期さんのダイナミックさもあって
なんと贅沢な第1試合か。

そして、内藤哲也選手が特別リングアナに入っての
チンカス・ハーン&ニートボーイ吉野
 vsブランコ・オギーソvsDA PAMP 松本
現役の学生かどうかわからないけど学生プロレス初観戦です。
そして学生プロレスと内藤選手の遭遇!
この試合がすごかった!
ブランコ選手とDA PAMP選手のコメディ力
会場を盛り上げる着火力は
学生プロレスがおもしろいと言わせるエネルギーなのか。
これがエキシビジョンマッチとは。

続くエキシビジョン第2戦は
寺越雄太選手vs雫あき選手の
寺越選手がケガからの復帰で5分間の試合でしたが
関節の取り合うなかなかの好試合。
聾者vs健常者の試合でもなんら見劣りするものではないと
思わせるのに十分な試合でした。
内藤選手のレフェリーが
学生プロレスのコメディマッチだけじゃなくてよかったw

第2試合の
コマンド・ボリショイ選手vs矢神知樹選手の
師弟対決は
ボリショイさんのグラウンドの上手さが際立つ展開に。

次は内藤選手が生徒役になっての手話講座の時間。
プロレスに関する手話は会場でも興味を引いて
講師の百太聾選手のスパルタな教えも面白かったけど
いかんせんこの時間が長かった。
体感では30分くらいやってた気がするけど・・・。
見た様子、打合せのみでリハーサルをしてないようだったけど
ここはリハーサルをして時間を測った方が良かった。
そのあとのボリショイさんの歌の時には
会場に疲れた空気まで漂ってしまっていたように思いました。

自分の席の前にアントニオ小猪木さんが手話講座中に来たけど
そのあとの休憩時間に帰ってしまった。
忙しいんだなぁ、やっぱ。

第3試合は
百太聾選手vs空手マミー選手
ここからがHEROの真骨頂。
空手マミー、マジですげぇー!
そして粉だらけーw
百太聾選手も自信を垣間見せておもしろい試合でした。

DSC01090.jpg

第4試合、雫あき選手vs忍選手。
尼僧vs変態というアプローチでしたが
坊主頭を男と勘違いして忍選手は雫さんを撫で回す、
そしてレフェリーに抱きついてお楽しむ(;´Д`)
一方の雫さんは手話でろうあのお客さんにアピール。
雫さんはHEROでいつもそうなのかと思ったら
今回初めてのアプローチだったらしいです。
忍選手の暴走は観客にいたばってん多摩川さんを
リングに引きずり込んでボディスラムするほど
メチャクチャだったけど、
後半はシューティングスタープレスも出て熱戦に。
堂々渡り合った雫さんもすげぇー!

第5試合がメインの
ヤミキ&友龍
 vs折原昌夫&舞牙(旧THE KABUKI)
この試合はHEROのシリーズではあるのだけど
いやー、いただけなかった!
折原選手がマイクで「プロレス舐めるな!」
と言ったのが、悔しさより「ですよね」と思ってしまう。
チョップだけ見ても力不足がわかってしまうし
勝てない相手に精一杯頑張ってる感じが来ない。
ヤミキ選手と友龍選手がもっと強く
根本的に力を付けないとHERO自体がプロレスではなく、
ボランティアを優しく見てください的な所で
甘んじてしまう感じを受けました。
頑張って欲しいです。

個人的な好みとして
パンフレットの販売がなかったのは寂しかったなぁ。
プログラムも対戦カードだけで
もっと情報が盛り盛りに欲しいところです。
シリーズも7戦目ですが、定番のお客さんだけでなく
新規のお客さんを巻き込むこともして欲しいですね。

スポンサーサイト
<<第67試合「新時代到来!?」 | ホーム | 松本都選手、戴冠!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
http://triplering.blog.fc2.com/tb.php/118-f5c25120
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。