スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

アイスリボン#617「大晦日リボン」 2014年12月31日

2015.01.01
大晦日の大会はいつも超満員、
今回が初観戦になりました。
そして、内藤メアリ選手の引退の日でもあります。

DSC07253.jpg

第1試合はチェリー選手(ユニオン) vs 雪妃真矢選手。
ひさびさのアイスリボンなので
雪妃選手は初観戦になります。
チェリー選手とはスワンダイブを教えてもらった関係ですが
吉野レフェリーが「悪いことしかせんな!」と突っ込むほどに
チェリー選手の手のひらで踊らされた感じでした。
それでも相性は悪くなさそうなので
いろいろ発展したら面白いなーと思いました。
ファンタジーとかw

DSC07265.jpg

第2試合は新田猫子選手vs希月あおい選手vs紫雷美央選手。
一筋縄ではいかない実力者の3WAY!
まさにハイスピード3WAYに恥じない試合展開でしたが
王者が同時フォールを食らうという結果に。
これは2015年の3WAY戦線はただじゃすみません!

DSC07293.jpg

第3試合は
藤本つかさ選手&星ハム子選手&宮城もち選手&235選手&藤田あかね選手
vs 世羅りさ選手&つくし選手&くるみ選手&弓李選手&優華選手
とアダルト勢とキッズ勢に分かれて純潔10人タッグ戦!
先日のJWP後楽園大会で口を切った藤本選手は黒のマスク姿で登場。
後楽園でのふたつのタイトルマッチを終えた藤本選手は
なんかステージが変わったんじゃないかと思わせられました。
以前と同じ技を出しているんだけど、なんでだ!?

DSC07351.jpg

メインが内藤メアリ選手vs成宮真希選手、
内藤選手の引退試合です。
冒頭から内藤選手の奇襲から場外乱闘で一気にペースを作ります。
成宮選手を研究しつくしたラッシュで
掟破りのカンパーナまで見せてくれました。
これまでの内藤選手の試合の中で
もっとも激戦と言っていい戦いぶりでしたが
しかし相手はタッグV8を達成する成宮選手。
徐々にスタミナの差、地力の差が見え始め
ユルネバで3カウントを奪いました。
成宮選手の入場曲「ジェネレーションX-NEO」の歌詞が
内藤選手の今後を祝うようであり、
内藤選手から成宮選手へのエールにも聞こえました。
「飛べ!飛べ!飛べ!」

試合後、声をあげて泣く内藤選手。
同期ながら成宮選手の
背中を追いかける身になっていた内藤選手は
マイクでマジックの落書きやクラッカーなどを使う自分を
内心バカにされているのではないかという
コンプレックスを吐露しました。
昨日、自分が渡した
あの手紙には何か書かれていたのだろう。
どんな気持ちがこめられていたのだろう。
もうここで俺の涙腺は大決壊。

4年弱のプロレス人生に悔いはないとしながら
やはりチャンピオンにはなりたかったと内藤選手。
藤本選手「11人がけで得られる二十四の瞳ベルトがあります!・・・やる?」

DSC07392.jpg

激闘を終えたばかりの成宮選手はこの表情w
まさかの第2戦に
「もう(袈裟切りチョップは)食らいたくないんです。」
と懇願する可愛らしい一面がほろりw
しかし、今日来ていた選手は17人!
三十六の瞳になってるーっ!

DSC07420.jpg

若さと可愛らしさを目の敵にして
マジックでのらくがきのターゲットにされて優華選手は
「書いてください!」と額を突き出す名シーン。
藤本選手が呼び込んでの飯田美花選手(WAVE)乱入がありつつ
最後18人目の対戦相手は新田猫子選手!
キャット空中ニャン回転で引導を渡して、
内藤メアリ選手は二十四の瞳ベルトを戴冠しました。

DSC07511.jpg

内藤選手からのメッセージは歌で。
アイスリボンメンバーからもお客さんを巻き込んで
内藤選手へのエールは歌で。
この一体感はやはりアイスリボンならではでした。
たとえ負けてもプロレスなら輝ける。
やりたいと思えばプロレスはいつでも出来る。
内藤メアリ選手もまたアイスリボンを体言する選手のひとりでした。
プロレス人生、おつかれさまでした!


スポンサーサイト
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。